SIHH VS Baselworld,2が大きく展の誰の軽い誰を表すのが重いですか?

腕時計界にとって、SIHHとBaselworldは2の大きい盛大な事で、今SIHH2017はすでに閉幕して、Baselworld2017はほどなく始まっています。でも好奇心がある多くの人がありを信じて、SIHHとBaselworldは一体何ですか?これが大きくて展を表すのはまた誰の軽い誰が重いですか?

評論前で、私達が先にSIHHとBaselworldを調べてみに来るのが一体何です。まず私達先にちょっとBaselworld。Baselworld,バーゼル国際真珠や宝石の時計展、巴展と略称して、この展会の歴史は1917年までさかのぼることができて、今既存の百年の歴史に離れて、“贅沢品界のオスカー”、“腕時計界の風向計”の名誉があります。

バーゼル国際真珠や宝石の時計展(BaselworldWatch and JewelleryShow)は以前実はスイスバーゼルのサンプル博覧会(SchweizerMustermesse Baselで、MUBA)名称を展覧するとして、名前のとても直接なのは展覧する性質を言い出して、それは1度の注文展示会で、聞いたところそんなに高くて大きい上に今がありません。

Baselword展示に参加するブランドの数量は非常に驚異的で、毎年45の国家の2000ぐらいの展示業者を上回って進駐があって、毎年平均的にメディア、民衆の約15万延べ人数を見学して、だから展会に着いて始まりますと、会場はすべて黒山の人だかりです。入場券は65スイスフランなのとなると。Baselworldは特徴があって、それ聞いたところとても高くて大きい上に、しかしこれはそれの中のブランドがすべてあるいは実力者がすべて別にとても高いものだと言いなくて、実際には、それは数千万のJacob&があります Co. 複雑な天文の腕時計とGraff真珠や宝石の腕時計”The Fascination”、数(何)千つのカシオG―Shockもあります。入門する級のMODO、レーダーがあって、ハイエンドのブレゲ、ロレックス或いはパテック・フィリップもあります。その中も覆って単独で表を作成して、部品供給業者、アジアのメーカー、宝石商など、これぐらいのメーカーは加入して、同じく道理で展示に参加するブランドは千破れて、場所の規模は16万㎡に達します。

でも、これはどんなブランドがすべて別に展示に参加することができると言いありません。Baselworldは展示物に対してとても高い要求があるだけではなくて、展示業者に対して更に審査する厳格な素質があって、ただ一定ブランドの知名度を備えてそして業界の認可する時計商を獲得してようやくこの展会に参加するのを招くことができます。Baselworldのが方を主催するのパネライコピーはスイス時計工業連合会(The Federation of the Swiss Watch Industry FH)で、1982年11月に創立して、本部はスイスのビルに位置して、スイスの時計業の中で最も影響力がある利潤をあげないのが力を合わせてできるのです。現在のところが力を合わせて大体500数名の成員がいて、かつ90%以上のスイス時計メーカーを覆います。

私達はまたSIHHを少し見に来ます。SIHH、正式名称SalonInternational de la HauteHorlogerie、ジュネーブの国際ハイエンド時計サロン。Baselworldと異なって、SIHHの誕生が遅いのを要するのが多くて、1991年、スイス高級制表基金会(Fondationde la Haute Horlogerie 、FHH)第1期のSIHHを主催して、四大使命があって(宣伝して、育成訓練、認証と組織)、SIHH以外、香港の時計に位置するのは奇跡Watch&Wondersと方也を主催するFHHです。

SIHHの催しの場所はジュネーブ空港の側のGENEVAPALEXPO会議・展示センターで、聞くところによると、1991年のある日、カルティエ(Cartier)の高官は突然Baselworldを離れるのを決定して、グループ內の名士と(Baume&Mercier)、伯爵(PIAGET)、および友達の札は(GeraldGenta)に達してダニエル・ロス(DanielRoth)とと一緒にジュネーブで単独で展をやりを尊重して、対外公言する要点は、バーゼルの時計展ただ商品を売る定期市、私達は時計の芸術をやったので、高が格の通じている人に見に来るように強いるのを歓迎します。同時に展覧を催して、ジュネーブとバーゼルの2つの都市にすべて利益を受けさせるのも。要するに、SIHHはこのように始まりました。

Baselworldと異なって、SIHHは主に暦峰グループの舞台で、カルティエ、盛んな刺し縫いする海、バセロン・コンスタンチン、万国、ジャガー・ルクルトなどはすべて展示に参加するブランドです。今年まで、SIHHは全部で30社が展示に参加するのがあって、主なコーナーで17社のブランドを全部で、表を作成する師広場の展示地区の中で13社単独で表を作成するブランドがあります。SIHHは5日を期間として、その前の4日間ただ開放的なだけのメディアと特定の人、最後の1しかないのが天才的で対外開放が普通な民衆にあげるのができて、その上入場券も比較するBaselworld高い(70スイスフラン)。

総じて言えば、SIHH展示に参加するブランドが少なくて、しかし格の高を強いて、暦峰グループと単独で表を作成する舞台です;Baselworld展示に参加するブランドが多くて、種類が多くて、価格の径間が大きくて、1度の時計のカーニバルです。誰の軽い誰が重いかと言うことはできないが、しかし様子比較すると、Baselworld歴史は更に長くて、規模がもっと大きくて、業界の公認する“世界一の時計展”です。