万国のポルトガルのシリーズの“逸品のパリ”の両は針の時間単位の計算の限定版の腕時計を追います

万国のポルトガルのシリーズの“逸品のパリ”の両は針の時間単位の計算の限定版の腕時計(型番:IW371216)と為め書きの“逸品のミュンヘン”の腕時計の構造の配置と機能を追って、材質がまだあって違いがなくて、すべて“逸品のミラノ”の基礎上キャンセルしていてスピードを測って距離測定をするの機能で、保留する12時の30分の時間単位の計算皿と6時のの小さい秒の皿。すべてステンレス製を採用するので、Cal.を搭載します76240チップ。異なったのは外観の上でただだけ。腕時計の直径の41ミリメートル、採用して扮する太陽の紋様のグレーの時計の文字盤があって、銀色によく合う時、目盛りとポインターを表示して、2つの小さい時計の文字盤だけあって黒色を採用して、腕時計に更にはっきりしていて読みやすいです。比べる前に2モデルの青い、このグレーの腕時計が地味なののを要するのが多くて、しかし更に熟していて優雅で、高貴で、IWCだけある控えめを配っているのが派手です。ステンレスが背負う図案を表すのスーパーコピー時計は一般に広場の中の旺多姆の円柱に登るので、そして刻んでラテン語の“Fluctuat Nec Mergitur”があって、それは若い頃のパリ市の格言で、“それを訳して次のようになって波浪に従って上下に揺れて、しかし沈むことはでき(ありえ)ないです”。同様に250制限して、フランスパリ和平大街専売店に売りがいて、価格はしばらくまだ知らないで、しかし予想と為め書きの腕時計がたいして違いません。