どんなのブランドの商標の上に十字架がありますか?

今の十字架のイメージはキリスト教のシンボルで、この前に、十字架は太陽を代表して、生命の木を代表します;キリスト教会に着いて、それがキリスト教の精華を代表したと言って、神が諭し示して恩の中心を救うのです。このように神秘的で測れない十字架、なんと表を作成する界にあったのがも現れて、十字架のイメージをいくつかの表を作成するブランドがあります。その中はトップクラスの実力者がいて、世界の有名なブランドもあって、とても好奇心があるそれらは十字架をどんな形に演繹して、そしてそれを自分のブランドの商標の上で現れさせます。

パテック・フィリップの標識は騎士の剣と牧師の十字架から組み合わせてなるので、十字軍の東征に生まれる時、一番早い成軍のスペインの戦う騎士の団、そして1857年から使います。この十字架も語られて“カードが多くを彫って十字架を育てる”をします。その由来は:1185年、スペインはひとつのカードに多く育てる都市を彫ってモル人の侵略を受けさせます、勇敢な牧師のレイモンドは騎士の迪哥・貝拉斯とKeyesと民衆を率いて死力を尽くす抗日戦争を行って、最後にモル人を追い払います。

牧師(十字架)と騎士(剣)、相当していっしょに厳粛で勇敢なシンボルになって、このシンボルはちょうどアントニウス・百に簡単な・赤い毛のある鳥の美しい協力の精神に達するようにと代表しています。その上パテック・フィリップの腕時計のシリーズの中で、1つの同名のシリーズもあります。

バセロン・コンスタンチンのブランドは表して1つの十字架のイメージもあって、これは比較的有名なマルタの十字架で、この標識もよくバセロン・コンスタンチンの腕時計のチップの中の一部分になります。マルタの十字架、ダブテールの十字架をも語られて、その外形が経験することができるべきでから、どうして“ダブテール”と称させられます。

マルタの十字架は十字軍の病院の騎士の団の標識で、1880年、バセロン・コンスタンチンは会社の商標としてマルタの十字を採用して、正直で率直なバセロン・コンスタンチンは多すぎたのがなくてこれらの歴史の原因を考慮します。その原因を追求して、手作業にありため表を作成してぜんまいの送り込む精密な歯車の形状を調整してちょうどよい具合にマルタの十字の形と似ているのに用いて、1歩進んでマルタの十字架を自分の標識として、これも私達がそのチップでマルタの十字架の形の部品を見たの、ただ磨き上げて飾るだけのロレックスコピーがすべて更に精巧で美しいです。