エイミーと竜の挑戦者のシリーズの“活力が緑だ”の潜水する腕時計

時計の市場の内からの消費の現状は見に来て、今のところ、私達はひとつの腕時計を買う時、“色”はすでに私達になって1モデルの腕時計の肝心な点の元素を選んで、私達はだんだん色を表しを重視してよく合います。今年の各家“緑必ず火に会う”のこの語に似ていて、次から次へと何モデルもの異なる設計、異なる風格の緑色を持ってきてモデルを表して、“カラーの彩り豊かで美しいのが緑だ”を献呈してきたと言えて、いくつかブランドにとって、ブランドの内でその他に比較してモデルを表して、今年のカラーがモデルを表すのは確かに売るのが良いのです。

それでは緑色がモデルを表すのがあるいはカラーがモデルを表すそうで、常規が色を合わせるのにとって、また何の優位がありますか?

答えます:もちろん全体で着ていっそう“乱れる息”、いっそう最新流行を付け加えるのです。実は数年前に、カラーがモデルを表すのは決してこのように盛んでなくて、あの時私達は更に厳粛で、正統的なビジネス型腕時計でえこひいきして、彼らの大多数は伝統、すばらしいのを採用して色を合わせて、全体の服装の風格に更に地味に、あまりにも美しくなって(先に早めに声明することはでき(ありえ)ないをの現させて、私のところのロレックス時計コピーカラーはモデルが紳士に広く一般をさしてモデルを表しを表して、さすがに男性が友達を表すのが向こうへ行ってやはり(それとも)今すべて少しもっと大きい)に比べて占めるのなのにも関わらず。

それから、人々の審美は、あるいは風格を掛けていっそうハーフバック化の変化が発生したのを着るのに従って、カラーは便を表して次第にみんなの視野の中に近付きました。前で緑色のまだ流行していていない時、イエロー系はモデルを表しても一定の時間を風靡したことがあってことがあります。だから、以前は友達の個人を表して下りてきて私に聞くあっのでことがあって、1匹の人気商品をおりるのが色を合わせる何を予測することができますか?これは更に本当ではっきり分からない、火はやはり(それとも)1つの時機重んじて、さすがに誰が当時“緑で鬼”がまた(まだ)カウンターの中で買い手がつかないと思い付くことができて、下1枚の人気商品は色を合わせて、紫色ですか?ピンクですか?これはすべて有り得てで、しかしどれは色を合わせるのにも関わらず、私は考えて、もし自分で買って最も好きだ、最も良いで、だからあまりに多くからみ合う必要はありません。

腕時計、流行の人として最も出すアクセサリーをむしばむことができて、みんなはカラーを選んでモデルを表して、もちろん全体のために掛けて1つの“ボーナスポイントの項”を増設するのを着るので、これで多くの潮流の達人についてたいへん適合しました。また(まだ)去年みんなのために1篇の高い顔を推薦したことがあってことがあるのがカラーがモデルを表しに値するのを覚えていて、その中は紫色、ピンク、緑色の時に計算するのを主なにして、若い流行の人を受けるのはあるいはスター達が熱烈に好きなので、同時に、価格も普通でないです。実はたくさんの設計の美しくなるカラーが価格を表すのが低くありませんて、かついくつか人気商品は更に容易に手に入れありません。このような1モデルの腕時計がそのようにあってか、その価格は更にみんなに受けることができて、若い初級が友達を表して手に入れるもとても大いに負担するのがなくて、また色設計上でいっそう美しくなることができて、違いは同じクラスでモデルを表さないでください。