格拉蘇蒂のオリジナルなチップの逆さまにする式の配置は表を作成する界の中でただ1つの存在です

4分の3添え板が格拉蘇蒂オリジナルなチップ所でよくあって、PanoInverseえこひいきするチップの逆さまにする腕時計の中で、炭の黒色の4分の3添え板に電気めっきをするのが腕時計に置く正面で、かつ装飾しました格拉蘇蒂の柱形の紋様。腕時計のえこひいきする式設計は黄金の割合に従って、視覚の上の美感を持って、同時に両ガチョウの首のために微調整して設置してもっと大きい空間をあけておくことができます。

時、分けて皿と小さい秒の皿が上から下までオーバーラップの配置が現れるのを表示して、上のがはめ込みをおさえる時表示して角度が光線とつやがある影が変化するのを現しに従うことができて、腕時計のためにまた同じではない興味を加えました。黄金のスリーブ、赤い宝石軸受は時計の文字盤の2段式ベッドの上段で来て、協力する腕時計の全体の色調のため、PanoInverseえこひいきするチップの逆さまにする腕時計は銀色の光沢加工のねじを使用しました。

PanoInverseえこひいきするチップの逆さまにする腕時計の腕時計の直径は42ミリメートルで、殻を表すのは採用する精密な鋼の材質で、かつ技術を売り払って潤色を通って、2層の視覚の表す殻は格拉蘇蒂のオリジナルな今まで受けてその通りにする伝統設計で、腕時計に更にあって度を知っているのを弁別させます。

チップは66―06チップで、採用して手動で鎖システムに行って、動力が貯蓄する時成長しておよそ41時間です。友達を表して偏愛して手動で鎖に行くあって、更に愛玩性があるため、腕時計の上で鎖の時できるためにはっきり機械的な魅力を感じます。

少しも疑問がないで、格拉蘇蒂のオリジナルなこのブランド時計コピーは人のはなやかなチップの逆さまにする式の配置をさせて、表を作成する界の中でただ1つの存在で、強大な機能性素子は人に浸らせる技術の美感を配ってきた、この特殊なチップの逆さまにする配置を実現するため、ハーフバックの審美を持たなければならないだけではなくて、チップに対して改めてまだ設計を行わなければならなくて、外美しい内面的な美しさとで両者に優劣がなくて、やっとこのようにきんでていて美しいチップの逆さまにする腕時計を成し遂げました。