モンブランの重ねはII腕時計に変わります

2014年に“時計と奇跡”のシャロンはすでに香港で始まって、今回の時計展の上で多いブランドはすべて全く新しい時計のモデルを出しました。モンブランもこのようにで、それはモンブランの重ねにII腕時計に変わるように出して、この時計算するのはモンブランの維とライルが自主的に労働者の坊の今まで出す最も複雑な時計の中の一つを製造するので、全く新しい設計で機械的な魅力が現れます。

この腕時計は2010年のジュネーブ時計サロンの中で初めて見得を切て、しかしただその時1つの概念として表して、正式の発売がなくて、4年の研究開発を経験してやっと正式のが出します。そのチップは746の部品があって、その上多くの項目の特許があります。幕のカーテン式の多機能の時計の文字盤はそれの最大の特色を表示して、この設計は全く新しい角度を使ってデモして常規時間から時間単位の計算の転換に着きに来て、かつ1つのチップでただこの過程だけを完成して、人をどうしてもモンブランの表を作成する師の能力に感嘆しなければなりません。

この腕時計の機械的なだけではない味が濃厚で、また(まだ)正装の腕時計の息があって、時間単位の計算機能があって状態に隠れるため、だからふだんに以上第1枚の図について人を示します。つるつるに盤面の変える機能を完成するのを腕時計の左側の押しボタンを開いて、1枚の窓を開けたようです。この転換で過程でたぶん5sの時間を使って、チップの大部分の部品はすべて一回のすばらしい“重ねが変わる”を完成しなければなりません。

そのチップは746の部品から構成するので、その中の494の部品はそれによって“重ねが変わる”の機能は変えて、これは伝統の表を作成する技術の1つの転換です。ただ制限して18発行するだけ、しかし1枚ごとにがすべて時間に進展変化する傑作です。

ただいまコメントは受け付けていません。