帝の古倫をつけて8月末の香港に何モデルものめったにない陀はずみ車の腕時計をオークションします

全世界の第1の時計競売店は帝の古倫(Antiquorum)をつけて8月25日に香港文華東方ホテルで“名家の収集の近代的なのと骨董の時に計”(Important Modern&Vintage Timepieces)のオークションを開催して、多くて精致で優秀な現代と骨董が現れる時計算します。特別招待をオークションして8月22~24日の時にに帝の古倫の香港陳列室をつけていてします。

今回のオークションは現れて211すばらしい時計算するでしょう、その中が最も注目するオークション品を受けるのが何もの精致でめったにない陀はずみ車の腕時計です。1795年、1世代の制表大家ブレゲ(Abraham LouisBreguet)は懐中時計を相殺するために垂直にポケットでの中で掛けて、重力は車輪のもたらす方位角誤差を並べるのに対して、陀はずみ車装置を発明して、効果的に懐中時計の幸運な正確率を高めて、この設計はに時計界の中で特に挑戦的になられておよび、複雑性の表を作成する技術中の一つを代表します。今なお陀はずみ車の腕時計もずっと重視を受けて、そして時計の収集家の好感を深く受けられます。この回のオークションする逸品の中で、ジャガー・ルクルト(Jaeger LeCoutre)のプラチナの金の球体陀はずみ車の2(評価の120万~160万香港ドル)を含む、海瑞とウィンストン(HarryWinston)の18Kプラチナの1分の陀はずみ車の腕時計(評価の40万~60万香港ドル)、DeWitt18Kバラの金の1分の陀はずみ車の腕時計(評価の30万~40万香港ドル)、およびブレゲ(Breguet)18Kプラチナの1分の陀はずみ車の腕時計(評価の20万~360香港ドル)とオメガ(Omega)の18K黄金の中で陀はずみ車の腕時計(評価の20万~25香港ドル)などを置きます。

ただいまコメントは受け付けていません。