時計、中国と外国為替、重要な関係

1771年、ヴォルテールは強く中国とロシアの国境のフェルネー生産で時計を販売し、各銀のうち、12〜13ルーブルを見交易所を確立することが推奨され、CzarinaキャサリンIIに書きました、ゴールドウォッチの魅力的な価格は30〜40ルーブルです。ヴォルテールの計画は最終的には実現しなかったが、スイスの時計の起源についての中国市場の大きな誘惑を見ることは困難ではない。スイスと中国の初期の交流において、時計は重要な役割を果たしていると言わざるを得ない。
英国は時計や時計を製造する世界で最初の国の一つであり、時計や時計の中国との貿易活動も非常に目立っています。これは英国の時計製造業界の発展によるものです。英国はすでに重要な輸出品である17世紀後半を見て、ロンドンの時計は非常に人気が作り、そしてその製品はヨーロッパとオリエント大幅支配を全体に時計の貿易で、世界に比類のない、時計の生産の中心地となりました。一方、強い英国の海外展開により、イギリス東インド会社ヨーロッパと東アジアにおける早期の海上貿易上の仮想独占は、イギリス東はクロックを失うために非常に有利な条件と保証を提供しています。さらに重要なのは、イギリスの時計産業は、巨大な中国市場のために熱心かつ長期的なビジョンを持っていることであるオリエント時計の市場の味を楽しむために中国の人々のために作ら中国の人々の審美的な味を、対応することができるすべてを行うことは非常に懸念されています紫禁城の時計のコレクションを読んだら、深く感銘を受けたでしょう。
イギリスの時計国立故宮博物院のコレクションの数が非常に印象的で、身体の装飾大チャイムクロックのその種の多様性、両方のゴージャスな膨大な量、またそこに生産している小型の懐中時計を持ち運びしやすい絶妙。英国の鐘のほとんどは金メッキで、金メッキの殻には赤、緑、青、黄色、白の花が飾られています。明るい金は、基本的な色も黒Muke鐘、底の国境で、パッケージの上部には、金色の花の、動物も人に壮大感を与えます。これは当時の英国の貴族主義の内装様式とよく似ています。折衷スタイル、建物のすべての種類、牧歌的な、自然の風景、水方法では、変数の花は、花が船を実行し、男を実行し、電源を入れ、複雑な構造変化のカモや他の機械装置は面白い、静的および動的な組み合わせ、オンにします。小さな懐中時計の金めっきされた銅は、ほとんどの場合で、またはLoudiao微細パターン、鮮やかまたはカラフルなモザイクの魅力的なマイクロ塗装エナメル塗装風景や人物は、美しいブレスレットと組み合わせます。銅の動き、後部の副木はしばしば滑らかな質感で刻まれ、絶妙で豪華な場所を示しています。多くの時計のダイヤルで、マルチ移動合板の生産者は、ビューの碑文に見紫禁城からのみ、既存の、名前や資金の出所を示す4かなど、多くの50としてに達しました。
清朝、雍正と乾隆帝王朝特に、清の最も繁栄はフランスの宣教師は、清の時計製造のメインデザイナーとして彼らの優れた技術のおかげで、裁判所に務めている多くの熟練した機械式時計があり、その間、クロック周期で行われていますテクニカルインストラクターは、初期の中国時計の開発に重要な貢献をしました。
中国とスイスは時計製造業と貿易の早期交換を行ってきた。 1707年に中国に来たスイスの祖先であったフランソワ・ルイス・スタドリンは、宮殿内の有名な腕時計技術者になりました。中国にスイスの時計を販売するためには、仲介業者を通じて、1771年、ヴォルテールはCzarinaキャサリンIIに書いて、それを強く中国とロシアの国境のフェルネー生産で時計を販売している交易所を設立することをお勧めします、と開いていますシルバー時計には12〜13ルーブル、ゴールドウォッチには1個あたり30〜40ルーブルの魅力的な価格があります。ヴォルテールの計画は最終的には実現しなかったが、スイスの時計の起源についての中国市場の大きな誘惑を見ることは困難ではない。スイスと中国の初期の交流において、時計は重要な役割を果たしていると言わざるを得ない。
17世紀と18世紀は中国の封建社会の全盛期でした。社会の安定と豊かな富の蓄積は、贅沢な生活の追求と楽しさの追求の条件を提供します。巨大な富、贅沢品の消費のかなりの部分。時計は独創的なデザイン、独特の機能、美しさ、貴重な装飾のおかげで贅沢なアイテムです。その時、すべてのクラスは強い好奇心と持分を持ち、天皇も例外ではなかった。さらに、皇帝の奇襲の追求は、宮殿の腕時計のコレクションがかなり装飾的であると判断した。
紫禁城のスイスの腕時計のほとんどは小さく、シックな時計と絶妙な懐中時計です。
時計は、一般的に、建物や山の息子と他の自然の景観をモデルに、タイミングに加えて、この方法は、水、鳥の音、魔法と他の機械的変化が付属して清涼感を与えます。懐中時計のほとんどは、中国の消費者の美的ニーズに応えるために中国市場向けに特別に作られたいわゆる「中国市場テーブル」です。美しく装飾された外観、形状および多様な、一義的、通常円形に加えて、同様にファン、ロック、果物、昆虫、および他の形状。ケースは一般的に金、銀、銅、金メッキおよび他の材料を使用し、いくつかのケースでは数字、花、鳥や他の鮮やかなエナメル絵を描いて、象眼細工の真珠、ダイヤモンドやその他の貴重な石。その動きは通常 “ビッグ8″と呼ばれ、各合板は彫刻されているか、繊細な模様が描かれており、非常に豪華です。
17世紀と18世紀は中国の封建社会の全盛期でした。社会の安定と豊かな富の蓄積は、贅沢な生活の追求と楽しさの追求の条件を提供します。巨大な富、贅沢品の消費のかなりの部分。強い好奇心と所有格、皇帝がない例外を持っているその時間のすべてのセグメントの代表になるためにその装飾的な時計洗練されたデザイン、ユニークな機能、美しく、希少な高級感のため。このため、宮殿の腕時計コレクションは特徴的な特徴を形成しています。
皇帝のオッズの追求は、宮殿内の腕時計のコレクションがかなり装飾的であると判断した。清朝の皇帝は、先に述べたように、時計の特に乾隆帝の評価は、標準として最初の小説に基づいています。ファイルの清多数は、すべての良い時計のようなお金の形で乾隆要件大臣の貢献度以上を記録します。ここでのサンプルの形態は、時計上の様々な機械的変化装置を指す。 、保持カードが起こるの水の上に、音楽を再生、残して、ボクシングのドラマ、入浴アヒル、セーリング、空またはフル今月面するとして、ペンシルバニアオープン謝、自然のスポーツ現象のすべての種類のほぼすべての包括的なの名前を変更します。これらの事のキットカットと乾隆魅力は資格が北京王Dahong西洋人を見るためにアップと呼ばれていたことはまれ度に達した結論を、「キャット・マシンはキットではなく、鑑賞するために必要なカバー皇帝」になってきました。清の機械的なものの様々な時計の遺産それらのほとんどを、または非常に二位置への電力のタイミングを見ても、圧倒的な、偶然ではないことを指摘しておかなければ。
時計や時計の生産に天皇が参加したことで、清朝の時計は非常に高いレベルの職人技を持っていた。大臣の貢献または宮殿で作られた時計、最終的な受け入れは皇帝自身です。皇帝はトリビュート規格外の味に皇帝が原因手作業や謙虚と、レコードが注文したアプリケーションに拒否されたことが多いので、清のアーカイブでは、肉体労働の需要はかなり厳しいです見なければなりませんでした。以下のような:乾隆の57人年(1792)、機械的なオフィススタイルのパビリオン間違った人を書いていた、乾隆帝は激怒しなかった、と「何のコスト。」この場合、時計を入力する人と時計を作る人の両方が細心の注意を払わなければなりません。それぞれのプロセスには最高の職人が同行しなければなりません。チゼルは、時計、インレイ、インレイに彫刻、仕事の様々なタイプをメッキすることは協力を完了するために通過し、そのため、時計片の清コレクションは大丈夫です。絶妙な職人技は、宮殿のコレクションに完全に反映されています。
心配することなく、それは清朝の貴重な素材を使用して見ることを決定し、壮大な王室様式を持っています。皇帝は決して腕時計の収集と製作に多額のお金を費やしていませんでした。このようトリビュート修理などChuanyu職員:「これは、いくつかの格好良い人を見つけることよりも、より多くのように思えるし、その後もいくつかの作品を求めるが、残念ながら価格を持っていない人の素晴らしいと良いがある」もう一つの例Chuanyuは210髪の鐘の収入で行います記事の実行を巻き、ちょうど夜明け前に鐘を作るために使用され、Chuanyu広東税関取得シャンハオ広州鉄鋼北京は使用の準備のために徐々に構築するには、2つの非常に重い、肉体労働を送りました。これらのすべては、宮殿の腕時計の収集と生産のための強固な経済基盤と材料条件を提供します。清は、主に、洗練された素材を見て、真珠、ダイヤモンド、ヒスイや他の宝石が埋め込まれ、いくつかの表面は、特に帝国クロックOfficeは貴重な紫檀の彫刻を多使用刻まれた床、テーブル、パビリオン、パビリオン、塔の外観だった既存の建築様式は、厳粛さと優雅さの感覚を与えます。

ただいまコメントは受け付けていません。