故宮の時計館の秘蔵品

十七、18世紀は中国封建社会の最盛期でした。社会の安定、財産の前例のない蓄積。巨大な財産は人々に金があって贅沢品の消費に用いさせます。
時計がその精巧な設計のため、珍しい機能、美しくて貴重な装飾が贅沢品の代表になる。
その時のそれぞれの階層はそれに対してを占有するのと強烈な好奇心を持っていて、皇帝達は当然例外でありません。かつ、皇帝達は珍しい器の追求が宮を決定した中に時計の収集に対して観賞性をかなり備えます。
かつ、清朝対外付き合った拡大に従って、絶えず中国に着く外国使節団があります。皇帝にあげる贈り物を選ぶ時、よくすこぶる考えがかかって、時計はその時の技術レベルを代表するもことができて、また皇帝の興味と注意力を引き起こすことができて、だからよく贈り物の第一選択の物になります。
だから地の大量に精巧で美しい時計は続々と絶えず皇宮の中に入って、皇宮と皇室の植物園時計の最も集中する抵当に入れるのになって隠れて、皇帝は持つ時計の最も多い収集者になります。
竇はまた明の皇帝に時報時計を献上したことがあって、当時から、造型のそれぞれ異なっている時報時計を味わって表して中国の帝王の新しい流行になりを愛玩して、それを西方の宣教師と呼んで中国宮廷の手づるを開けて、少しも行き過ぎではないです。この台の時報時計が後に皇宮は収集して、時報時計の源を作ります。
マテオ・リッチなどもそのためについに残す北京、彼の持ってきた時報時計、中国宮廷の製作をも開いて、時計の先に提唱された事物を使って、収集します。

ただいまコメントは受け付けていません。