康斯は自分のチップの世界の標準時区の腕時計に登ります

於まで(に)よく往来が頻繁で世界各地、異なる場所の労働者の乾くお父さんに着いて、1枚は世界の標準時区の腕時計を備えて、2のが選ばないのです。康斯の登る自分のチップの世界の標準時区の腕時計(Classics Worldtimer Manufacture)、最もデザインの中の一つを香港人に歓迎させられるので、それは同時に24の都市の時間を表示することができて、更に時間の円盤の藍白を通すことができて昼夜を見分けるのを表示して、ただ冠を表して気楽に腕時計機能に比べて加減することができるのを通すのスーパーコピー時計でさえすれ(あれ)ば、超過の押しボタンがいらないで、コントロールするのはきわめて簡易。

腕時計は緑色を基調にして、下に敷いて白色の縫う緑色ワニの皮バンドで縫う資格があって、時計の文字盤の上で精巧で美しい世界の地図を彫り刻んで、サファイアのクリスタルガラスの表すのが辺鄙で、更に透視していて埋め込みする26粒の宝石の自分のチップFC―718があって、冷ややかで優雅で気高い風格を配ります。

ただいまコメントは受け付けていません。