ランゲは1組の視覚の衝撃力を高く備える“肖像”を通じて(通って)腕時計の作品を振りかえります

ランゲは1組の視覚の衝撃力を高く備える“肖像”を通じて(通って)2016年の腕時計の作品を振りかえりました:浮遊状態の細い線の上のSAXONIAMOONPHASE、GRANDLANGE 1 MOONPHASE“Lumen”、DATOGRAPHPERPETUALTOURBILLONとRICHARDLANGE JUMPINGSECONDS“からだがつきあう”のドレスデンの4つの歴史建てる中。これは清浄な米の作品をいっぱいに含んでドレスデンの雄壮偉大で人を魅惑しに現れ出て、古いをのつけて今着ます。

ドレスデンは1基の埋蔵の手厚い文化で、雄壮で美しい建物の都市を持ちます。この都市の顔は18世紀のパロックの時期に打ち立てます。その時、見通しがきいて国際視野の薩克森を兼備して帝の侯とフレデリック・オーガスト1世(FrederickAugustusI)を選ぶ着手して改めて都市に計画を立てるのを決意します。彼は磁器に対して夢中になって、そして無数な貴重な品を収集しました。ドレスデンの茨の暖かい格の宮(ZwingerPalace)の中で、磁器の全く白い光華まるでと而立の大理石相互

照り映えます。こちらはまた帝の侯を選んで非常にPealの尼の茨の宮(PillnitzCastle)が好きで、彼は拡張の宮殿と同時にそのためにパロックの風格を注ぎ込みます。彼は特に宮内の果てしなく広い花や木のある庭中で休むことが好きです。その曾孫はそれから花園の西北端で英式のあずまやのビルを建設します。あずまやのビル内部の薩克森に出る大理石は飾りで、むだにはっきりしていて白く光って明るいです。

森ハンカチオペラ劇場(Semperoper)はドイツの優秀なオペラの場所で、更にランゲとよく関係を持っています。舞台の上の有名な5分のデジタル時計は薩克森の宮の庭から表を作成して昔のしきたりに倣って特にKeyes(Gutkaes)と弟子がなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲ(FerdinandAdolphLange)がかかって作ります。この時計は正にランゲの大きいカレンダーの表示する霊感の源です。それ以外に、玄関は雄大なしっくいの大理の鍾乳洞の中の石柱にそびえ立って、立派で堂々としています。これらの鍾乳洞の中の石柱は繁雑な精製する壁画技術を採用して作って、すぐ森のハンカチの時期、建設費もはるかに天然の材質の自身より高いです。布の呂のなんじのガガミラノスーパーコピープラットフォーム(BrラhlscheTerrasse)の美術学院のまた名利の普修斯堡(Lipsiusbau)で、19世紀末に建てて、主に教育と展覧したのを行って使います。ダイウイキョウ展示ホール(Oktogon)の内で、ガラスの丸天井の天然痘がまるで細くて一段一段の光り輝く歴史を言っています。

今のところ、ランゲは2016年出す4モデルの新作をこれらの歴史の建物と続けて結び始めます。SAXONIA MOONPHASE、GRANDLANGE 1 MOONPHASE“Lumen”、DATOGRAPHPERPETUALTOURBILLONRICHARDLANGE JUMPINGSECONDSが全てが現れるのとと違い背景の中。ちくちく細い線の上で各式の腕時計と関連を置いておいて部品を設置します。今回の撮影プロジェクトは特にランゲ時計工場の薩克森の根源と独特な薩克森の文化に向って派手に挨拶して、新旧(の程度)は共に解けて、予想外な効果を創建し営みます。

ただいまコメントは受け付けていません。