手首の間で「時」まだ

CORUMコルムBubble泡のシリーズの47ミリメートルのフローティング陀はずみ車の腕時計は格調の髑髏の図案を独特なものとして持つを通じて(通って)暗黒なことを演繹して惑わすだけではなくて、「黒くて灰色だ」を主な男性の洋服だんすにするために1筋の質感の明るい色を加えるで、手首の間でまだ「時」になります。

47mmの時計の文字盤よく合うアーチ型の鏡映面、その制作技術の繁雑なのガガミラノスーパーコピー、普通ではない平面は鏡を表してなぞらえることができます。独特の風格がある泡は型を押しのけて鏡を表してそれぞれの角度の光線を変えていて、異なる角度から鑑賞して異なる視覚効果があって、千変万化、彷仏陀の光芒はすべて手首間で集まって、手を挙げて持ち上げて袖の間で最も矛先を現します。

ただいまコメントは受け付けていません。