香港の時計展は間もなく開幕します

多くの人の目の中で、いわゆる“香港の時計展”は指すの去年からの“WATCH&WONDERS”で、事実上、香港に自分で独立する時計展があって、つまりすぐ9月3日の展開する“WATCH&CLOCK”に。今年は第33期の香港の時計展で、展会の場所は相関湾仔に位置して道の1番の香港会議展覧センターを広く読みあさります。今回の展会時間は9月3日~9月7日のため、入場無料で見学することができます。

香港の時計展が香港貿易発展局(略称の香港貿発局)、香港からメーカーを表して有限会社と香港の時計業がいつも有限会社の共同で主催する香港の時計展が間もなく開幕するのができるのができて、今回の時計展の主要な展示物の分類が成功して表す、時計、機械と設備、用品、部品と部品を包装する、そのためスイスの主催する三大時計展に比べて、香港の時計展は更に1つの業界の深さの展会ようです。同時に、更に“国際有名な時計が1か所に集まる”が特にイベントを展覧するのがいて、主に国際技術の特許、オリジナルのブランドとデザイナーのブランドの腕時計を展示します。

同時期、業界が発展するのを促進するため、時計を重視する業は包囲を突破して、展会の時また(まだ)アジアの時計のシンポジウムを催しを、および香港国際時計のフォーラム、革新して、ブランド、市場のなど角度から業界の現状と未来の発展の傾向を探求します。