バーゼル展はまた遭って再び打ちます

スイスの時計展のが展の騒動を退くのは最近ますます激しくなるのと言えます。相手とリチャードとミュアーのこのような実力者が好きだを除いて、その他の比較的より小さい腕時計のブランドも展を退く現象が現れました。近日、つぼみの蒙威は間もなくバーゼルの時計展から退出するのを宣言して、ちょうどスウォッチのバーゼル展に損害を受けて泣き面にハチを譲ります。

落ち着いて冷静に論じて、つぼみの蒙威のは展のもたらす影響を退いて間違いなくスウォッチグループに及ばないで、このブランドは比較的より小さくて、腕時計の生産高は大体15万左右、定価は大体5000~20000元の人民元の間にあります。しかし依然として言うことができていけるのが1つの主流のブランドで、バーゼルで展の展示に参加する予算も700万元の人民元を上回りました。バーゼルの展方は今回頭痛に得るものがありました。

“私達はすでにこれに対して一定の時間を考慮して、今回、私達は決定をしました。”つぼみの蒙威の最高経営責任者ElieBernheimはメディアに対して言います。彼は、ブランドはいっそう“時代とともに進む”が欲しくて、と表します、望み“と端末の消費者は連絡を取って、バーゼルの展会の上でこの点をやり遂げにくいです。”“会社はすでにバーゼル国際時計展の上で展示して40年を上回りましたけれども、しかし市場と消費者の行為の変遷は、これらの展会のもうブランドに合いない需要に引き続き参与しますとはっきり表明します、”

つぼみの蒙威がバーゼル展から退出した後に、1.0番のホールで1つの大きい空間を残しました。周知のように、このホールはバーゼル展の基礎で、大部分の主流のブランド(タイ格HOYA、ロレックス、ショパン、パテック・フィリップ、以前のスウォッチグループはなど)はすべてこのホールで展示するのです。今展方会はどのブランドでこの欠員を穴埋めしますか?私達は切に期待しています。

ただいまコメントは受け付けていません。