時計のローマ数字の時間尺度がIをIVに置き換えたのはなぜですか?

ローマ数字の時間尺度は、時計や時計にとって非常に重要な設計要素といえます。時計の歴史を振り返ると、最初の時計、懐中時計、腕時計はすべてローマ数字に基づいています。人生のローマ数字は広く使われていませんが、時計製造業界では依然として非常に人気があります。

ローマ数字の4はIVですが、ダイヤルのほとんどは伝統的なローマ字ではなく、代わりにIIIIが使用されています。もちろん、ロンドンのビッグベンなどの例外もあります。


最初は
ローマ数字はIIII 4で表されます。

ローマ数字は、紀元前1000年頃の古代ローマに由来し、中世初期までのローマ帝国の崩壊までは、ヨーロッパでも数字を表現するのにはまだ普通の形でした。現代のアラビア数字に置き換えられたのは14世紀頃のことでした。

ローマ数字は次のように書かれている:I、II、III、IV、V、VI、VII、VIII、IX、X、XI、XII、実際VIIIIを使用して代わりに9(代わりIX)の最も古い形式、IIIIの代わりに4(IVではない)。しかしながら、これら二つの図はそう次にローマ数字システムはローマ帝国の変形である、より良い認識の還元型へ、元の付加ルール放棄された、III-3及びVIII-8混同することは容易です。

したがって、ダイヤルで4を示すためにIIIIを使用することは根拠がない。


IVはローマ神話の主な神を表しています
IIIIはローマ人がもっと好きです

ローマ人は、古代バビロニア天文学(紀元前1500年頃)に基づいてシャドークロックを作成するために、日時計の原理を使用しました。しかし、時計製造業界は常に天文学に基づいていたことは否定できない。これらの古代の日時計にはローマ数字が付いていて、いくつかはIVで、いくつかはIIIIであることが判明しました。

#刻刻ICPPITERアンティークコイン

ローマ時代の神話は、その時にIIIIが使われた理由を説明することができます。その時、ローマの最高神は木星でした。ラテン語では、木星はIVPPERと綴られていました。ローマ人は、日の出や本の中で最高の神の名前(IV)を忌み嫌うことを躊躇しているかもしれません。このため、IIIIの記述が不便であっても、それは引き続き使用されます。時計製造業界の出現と成熟に伴い、日本のカレンダーは時代遅れになっていますが、IIIIの早期使用のため職人が使用されています。


教育を受けていない一般市民
IIIIは理解しやすい

カウントとして、償却フォームのローマ数字(IV)が広く使用されています。しかし、一部の時計メーカーにとっては、IIIIまたはIVを使用することは依然として躊躇しています。結局のところ、時計が普及していないとき、元の時計は、都市の時間を表示するためのユニークな場所として教会の上部にインストールされている、ぎこちないことはできません。

古代と中世の時代には、わずかな書き込みができる人の数、読み、計算、およびIVを読んで(これらは本当に私たちのためのものではありませんが)まだ少し数学的な論理を理解する必要があるので、この時間ほとんどの人があまりにも複雑であり、またIVとVIおよびIXと(これまでのいくつかは、9クロックVIIIIで表現されます)XIの間に混乱を招くことがあり、それはそう、はるかにデジタルIIIIを理解することは容易です。

#4
IIIIを使用して表を作成する
プロセスはより簡単です

時計メーカーの場合、追加メソッドを使用する場合は、時計を作るときに、より少ない金型を作成する必要があります。単純のためのプロセスシーケンスにおいてIIIIとして(I、II、III、IIII、V、VI、VII、VIII、VIIII、X、XI、XII)は、 “17 “I” はIVと腕時計、5を作製必要V “、4” X “である。 IIIIを使用することは、20 “I”、4 “V”、および4 “X”が必要であることを意味する。

IIIIは[グループ「VIIIIIX」を製造業者限り、使用されることの詳細コピー3部は、第一のグループVI-IIII-Xに分割され、第2のグループは、第三のグループVII-II-XIに、VI-III-IXに分割されています第4成分は、VIII-IIXであり得る。コスト面では、時計メーカーは必要な12文字を分割するために4つのVIIIIIXモジュールしか必要としません。より古典的なIVスタイルのダイアルには追加の金型が必要です。


ルイ14世

ルイ14世は、フランスで最も強力な君主の一人であり、フランスの絶対君主制を統合し、王に属する神聖な権利の概念を確立しました。

前述のローマ最高神Jupiter(IV)のように、ルイ14世は絶対的な独裁政治を熱望しているかもしれないが、彼の名前の一部を簡単な時計のダイヤルに印刷したくない。このような政治的環境において、彼は地球上の神の代表者です。

ルイ14世はIIIIからIVを好んでおり、その時の時計製造者は後の世代で使用されていたIIIIを使用していました。


完璧な視覚バランスのために

美的考察に基づいて、現代の時計製造におけるIIIIの使用について最も合理的な説明であるかもしれない。通常、時計は12時間、4と8が対称的な位置にあることを示し、IIIIとVIIIを使用するとより美しく見えます。たとえば、広告の中には、対称的な美しさを追求するために、時計の表示時間を10時10分に調整するものがあります。

最も近代的なヴィンテージ時計又は混合プラス記号とマイナス記号に依存して、4 IIII、図9は、ダイヤルとして、IXである:I、II、III、IIII、V、VI、VII、VIII、IX、X、 XI、XII。この組み合わせによって、ダイヤルは3つの部分に分かれています。最初の部分はIのみを使用し、2番目の部分はVとIのみを使用し、最後の部分はXとIのみを使用します。このように、3つの異なる領域のダイヤルをバランスさせることで、より洗練された調和のとれたダイヤルを作成し、最適な視覚バランスを実現します。

伝統的な古代訴訟、歴史的反復、実際のプロセス要件は、今日の時計製造業界が、ほとんどのローマ数字にIV以上のIVを使用している理由を説明しています。もちろん、例外もあります。

ローマ数字がどのように変化するかに関係なく、少なくともIVの代わりにIIIIを使用すると、読書がより便利になることが確かめられます。さらに、ローマ数字はアラビア数字の文字盤よりも興味深いです。ローマ数字の数字が好きですか?

ただいまコメントは受け付けていません。