価値は主にストーリの腕時計に生まれます

腕時計の価値は大体2組に分けることができます:固有の価値とその他の価値、固有の価値の良い理解、チップの素養、技術のレベルなどを含んで、その他の価値はいくつかの比較的びくびくするもの、たとえばストーリ性を代表します。

もしもあなたのお金の大部分が派手で腕時計の固有の価値にあって、そんなに少なくともあなたが市場の傾向を買っているのだと証明することができて、向かい合う理性の消費です。

ストーリの価値の腕時計があって人類の情緒の変化の影響を受けやすくて、情緒が変化が発生する時、あれらが全く人類の感情の需要の商品の市場の価値に基づいても変化が発生するのが――そのため、これらの腕時計の価格はとても不安定です。これらの腕時計は通常オークションと骨董の市場に見えます。

ここに話が及んで、私はまたあの1.2億のポールのNewsmy(オークションの市場の現在のところの最も高い腕時計)を思い出して、そのストーリ性の確かに値打ちがある人は自慢げに話して、しかし法外な値段をこのように取引が成立するのが合理的かどうか、私は疑問(符)を打ちます。表すべきだのがロレックスに団体購入に集まられて帰るのうわさがありましたけれども、ただ一部のマージンだけを使って全世界範囲内マーケティングを1回して、しかし角度をかえて考えてみて、もしもその他が家のしたことを隠すので、次を探して皿の侠客を迎える難しくなります。

私は1人が豊富な経験を持つの、技能のずば抜けている短い糸のトレーダーではなくて、だからいかなる友達にカードを人類の感情で価値の源の腕時計の上でとしておさえるように提案することはでき(ありえ)ないです。

ストーリの価値の推進したのがよく感性消費ため、中古市場で何度試しても確実で、同様に腕前の市場でもブランド商にむやみに使うことができて、特にブランドの歴史の包装で体現しています。ブランドの目が不自由なXXは書いて、販売店で(下級の分が売る)目の前の目が不自由なXXを書き終わって吹いて、販売店はあとで消費者の目が不自由なXXに吹いて、だから多くの前線の買物案内の獲得する知識はまったく誤ったで、彼らは甚だしきに至ってはこれに対して少しも理解しありません。

結局やはり(それとも)友達達を表してよけいに交流を学んで、腕時計の知識を強化するのを望みます。

ただいまコメントは受け付けていません。