世紀の腕時計、優雅な有名な令嬢

1人の精致で優雅な女性はきっと自分の生活の品質を重視して、必ず高いものを選ばなければならないと言うのではなくて、質感で、格調、生活する追求。日本の美学の大使の松浦はますます太郎は言っのでことがあって、優良品質の良い物、ずっと持続的に絶えずあなたに意外な喜び、を持ってきてあなたに幸せなものを感知させるの。幸い、私は世紀に出会いました。

初出のこの世紀AFFINITYシリーズの632.7.Q.12.16.SKレディースの腕時計、ただ眠りだけが緻密精巧で、34mm時計の文字盤は常規のモデルに属して、実物がやはり(それとも)想像の中でのより小さいがのの見えます。

全体は優雅な有名な令嬢の風を行って、世紀独占で欖先の形のサファイアの精密な鋼は殻を表して、みごとなマンの曲線が現れます。世紀のサファイア、世紀の独占的な材質で、このような硬度がダイヤモンドのサファイアに次ぐのはかたくて摩擦に強いです。かききずですか?存在しませんの。硬度とダイヤモンドが似通っていて、殻を表していて磨き上げてもダイヤモンドの切断技術を採用しました。精密なワシは焼き入れして36精錬して面を刻みを建造して、屈折のきらきら光る光芒、ダイヤモンドを計略上でつけて、1宣伝言葉なだけではありません。

ダイヤモンドの恒が永久で、1粒は永遠に流れて保存します。面を刻むダイヤモンドの類のがある以外、デザイナーはまた(まだ)この世紀に表して砕けるドリルに飾りを添えます。52本の砕けるドリルは耳を表してくねくねと続く上から、表面でぐるぐる回って分布します。ダイヤモンドは派手な感を持ってきて、真珠はやさしい感を加えます。小さい青の真珠の雌の貝の時計の文字盤、淡く微かな青、あたかもあの頭を下げたとのやさしさのようで、1つの水の蓮の花に似ていて遅い風のなまめかしくはにかみに堪えません。純粋な銀のトフィーの針は、全体の調和がとれている統一が精巧で精致ですと。デザイナーは新しい工夫をこらしてはっきりしている背設計を設けて、米が十分学ぶのが辺鄙で、時間の詩情が移動するのが見えます。
腕時計が小さいが、中から体いっぱいの幸福の感、それは探すのが1件の胸のうちに着いた良くてで、なしは怖がって時間腐食します。優雅な女もこのように、1件の良い物は生活して、1時間は格調だ付けてこの世紀表して、私はすでにまっすぐに伸びていて、憂えないでも怖がりません。

ただいまコメントは受け付けていません。