デスティネーションムーンクロック

デスティネーションムーンクロックは、搭乗はしごを介してメインバレルに電力を転送する下部の大きな巻き上げボタンによって駆動されます。注意調整ガバナーは垂直方向に固定されており、人々が完全に操作できるようになっています。好奇心の強い指先が触れないように、外側にミネラルガラスの断熱材があります。

白いスタンプの数字が付いた2つのスチールディスクは、それぞれ時間(上)と分を示し、ガバナーの上にある流線形の両頭ポインターと同じ軸上にあります。時間は、ムーブメントの上部にある中央のオメガコピーボタンを介して設定されます。

Destination Moonの下部にある3つの鏡面鏡面の着陸コンパートメントは、時計の安定性を確保するためにかなりの重量を提供します。

デスティネーションムーンムーンクロック:技術仕様

デスティネーションムーンムーンクロックは、黒、緑、青のPVDコーティングと、パラジウム(銀)で提供され、それぞれ50の限定版があります。

ディスプレイ

スチール製ターンテーブルにある刻印時間と分の表示

ロケット

サイズ:41.4 cm(高さ)x 23.3 cm(直径)

重さ:4.0 kg

フレーム:マットポリッシュスチール

着陸キャビン:パラジウムメッキ真鍮、青、緑、黒、PVDコーティング

総部品(動きを含む):237

ニール(アストロズ像)

磨き上げられたスターリングシルバー、スチール製ヘルメット、搭乗はしごに磁気。

ムーブメント

L’Epée1839の設計と製作

多層垂直構造

スイング周波数:2.5 Hz / 18,000回/時間

パワーリザーブ:8日間、1バレルで提供

ムーブメントコンポーネント:164

宝石:17

外側がミネラルガラスで保護された、耐衝撃性のあるIncablocデバイス

材質:パラジウムメッキ真鍮、ステンレススチール、ニッケルメッキスチール

ムーブメントの動き:研磨、サンドブラスト、マット処理

巻き取り:手動巻き取りのためにロケットの下部にあるプッシャーホイールを回転させる

設定:時間設定ボタンは、時間表示リングの上で、ムーブメントの上部にあります。

ただいまコメントは受け付けていません。