古代インドの谷《盛んだ河上の星空》の3は腕時計を聞きます

バラの金の材質/942が自動的に鍊チップ/に行く時分けて、表示する/3は機能に/サファイアは水晶の鏡映面は/水を防ぐ50メートル/小道の39mm/を表しを18匹制限する聞きます

別の《盛んだ河上の星空》の3はモデルを表しを聞いて、1匹の難度のが行うのもで、その難度はがはっきりと現れて、当時の古代インドの谷は顔料で型から押し出す方法が直接画布の上で創作するのを管理するので、このロレックススーパーコピーようで厚く式の作品の方法を塗って、絵筆で模写しなければならなくて、難度の劇は考えてみると分かって、精密な緻のエナメルの線は古代インドの谷の言葉遣いの人を魅惑する青いその夜すぐ、明かりを映って盛んで川の発生する波瀾、甚だしきに至っては濃い藍色と明るくなるの黄色の強烈な対比で、まぎれもなく現れ出て、同じく画家の内心のが激しくぶつかり合いを感動して、再度世間の人にあげて、この腕時計はジャガー・ルクルトの942チップを搭載して、式を抑えつけて3起動するのをによって時間を知らせて設置に聞いて、音質の方面に最新で大幅な技術を持つだけではなくて、顔立ちのきめ細かい筆触は再度ブランドを経験して製を技術と芸術の解け合う重大な業績に表します。

ただいまコメントは受け付けていません。