性能のずば抜けているタイ格HOYAはCalibreHeuer02チップを自製します

タイ格HOYAはアカザを押さえてシリーズを引き延ばして一貫してブランドの開発する前衛技術を採用します。改めて設計する時計のモデルはタイ格HOYAを搭載してCalibreHeuer02チップを自製して、透明な時計の殻の底を通してかぶせて一望ですべて見渡せます。この複雑なのは新型を作って時間単位の計算のチップを自製して全くタイ格HOYAからスイスの捨沃内(Chevenez)の時計工場の中で完成を製造します。それは168の部品から構成して、ガイドポストが垂直の別れと出会い装置(先進的な時間単位の計算の番号の時計と高品質のチップの標識)に順番に当たりをと含んで、そして驚異的な80時間の動力があって貯蓄します。

1963年に創始してからブランドのメインシリーズの中の一つとして、原版のタイ格HOYAはアカザを押さえてシリーズを引き延ばしてひとたび発表されて“手首の上で競技用の自転車のゲージ板”の代名詞になったなら、専属の世界の優秀な試合の運転手の技術の需要にそして彼らの優雅な格調を体現しているように満足させるのを目指します。今のところ、タイ格HOYAはアカザを押さえてシリーズのロレックスコピーを引き延ばして新しくモデルが原版の腕時計の近代的な設計に忠実でこのクラシックのシリーズに向って敬意を表しを表して、派手で素晴らしい革新の表を作成する技術の理想の融合を。シンプルで精致で、はっきりしてい読みやすいです:全く新しいタイ格HOYAがアカザを押さえてシリーズの時間単位の計算を引き延ばして時計を積み重ねる美学設計を兼備してと機能の腕時計の佳作を革新するのを称することができます。