Jaeger-LeCoultreジャガー・ルクルト・Hybris MechanicaàGrande Sonnerie

大きいはの鳴いてからいままでずっと時計界に最も複雑なメカニズムの中の一つだと見なされるので、この腕時計のチップの部品は1300余りまで達しました。時計の文字盤は分けて2つ一部を左右して、右側は時間、週、月などの情報を表示して、左側は透明な設計で鳴いてメカニズムから大きいがの現れます。大きく鳴いて一部の設計から両翼の概念を採用して、すぐ幸運でと鳴いて設置する動力系統からそれぞれに独立して、4時(点)の位置の押しボタンを通して、時間を知らせて設置して鳴いて、小さくから鳴いてあるいは静かな音モデルから設けて大になることができるでしょう。4時の位置の時間を知らせる押しボタンを押さえつけて、あなたは左側のウィンドウズから4本の小さい音の金槌のすばやいののが観察からわかって揺れ動くことができて、ジャガー・ルクルトの表を作成する師はまた(まだ)1つの特殊な装置Trトbuchetシステムを発明して、時間を知らせる音に更に精密で正確で、人を引き付けてしかもいっそうエネルギーを節約させます。この腕時計はまた(まだ)万年暦機能を配備して、跳びに逆らって期日を表示して、ウィンドウズは月と週を表示して、ポインターは閏年を表示します。背面を開いて、チップはまた(まだ)飛行する陀はずみ車装置を搭載して、最も人のはなやかな複雑な機能をさせるのをすべてこの傑出している腕時計の上で解けます。

ただいまコメントは受け付けていません。