GS高振はしきりに600メートルの潜む水道のメーターの定価は水幽霊を超えて、不合理ですか?

1968年日本のセイコーSeikoについて、大々的に取り上げる時間のノードに値するのです。この年、セイコーの腕時計の参加するスイスのネサットのタイ爾天文台の競技の中で、一挙にきっとスイス人の1回のきわめてよく響くびんたに第2、4、8の名、これを押さえました。

その時に、ネサットのタイ爾天文台の競技は1866年からすでに100年余りの歴史があって、毎年でも自分の製品をネサットのタイなんじまで(に)45日を期間とするテストを行いに引き渡すたくさんのフランクミュラーコピー時計のブランドがあって、5つの方位と寒くて、暑くて、常温の変化をしばしば経験して、最後に精密で正確な度によって位置して、成績は前のブランドによって自然と栄誉を獲得して、それによって市場の販売量を動かします。

1963年、セイコーはやっと日本の時計のブランドの代表として初めてスイスとネサットのタイのなんじの天文台の競技に参加して、でも最後の成績は比較的悲しんで催促して、ただ第144名と第153名だけをもらいました。

でも5年後のセイコーは全体の時計の世界を何回も震えさせて、持ってくる1つの非常に直接な影響は――スイスのネサットのタイ爾天文台は競技を中止するのを宣言します。(メンツが恥ずかしくてたまらなかったですか?)

その年、セイコーはジュネーブで時計展は史上かつてない高い点数を得て、“最も良くて機械的な腕時計”の特別の光栄を授与させられて、それから、世の中の上でGrandSeikoの伝説をまきました。

GSは1960年の開発の誕生から今に至って、ずっと“世界の高級な腕時計を目標にする”の理念を受けてその通りにしていて、論じないで精度、長持ちする度あるいは美感ですべて人々の目に衝撃しています。今まで、GSは特色、展示の方法を設計する上にすべてセイコーのその他のシリーズとと違い、時計の独特な吸引力を強化するためにそしてもっと多い愛好者にサービスして、GSは今年の巴展の上で正式に宣言して独立する表を作成するブランドになります。

ただいまコメントは受け付けていません。