グランジ、ジャガー・ルクルト、すべての国の父、帝国の創設者ギュンター・ブリュームライン

GünterBlümleinはスイス時計業界の非常に重要なビジネスリーダーです。彼は1943年3月にドイツのニュルンベルクで生まれました。若い頃に時計製造を学び、西ドイツ最大の時計工場であるユンハンスで働きました。1980年からユンハンスのマーケティングディレクターを務めています。 。 1978年、ドイツの自動車エレクトロニクス大手VDOはIWCとJaeger-LeCoultreを買収し、ハイテク機器製造の強みを活用して、破産寸前の伝統的なスイス時計ブランドの復活を支援したいと考えました。しかし、買収後3年間、VDO社のドイツのチームはスイスのこれらの時計製造業者とのコミュニケーションに苦労し、進捗は遅かった。 38歳のギュンターはフランス語とドイツ語に堪能で、時計職人でもあるため、VDOの所有者であるアドルフシンドリングはコンサルタントとしてギュンターブリュムラインを雇いました。その後、1984年、VDOはGünterBlümleinをVDOのJaeger-LeCoultreおよびIWCの持株プラットフォームLMH(フランス語:時計製造グループの略語)グループの社長として正式に雇用しました。

GünterBlümleinはシャフハウゼンのオフィスで働き、IWCでは複雑な機能性時計の開発にブランドの復活の鍵を握り、1985年には最初の永久カレンダー時計(Da Vinci、Novelcentoなど)が発売されました。 1993年「シャフハウゼンウォーホース」(前のリンク)の非常に複雑なモデルの発売。 「ポストクォーツ危機」時代の複雑な機械装置に対する消費者の好みを捉えることで、ブランドの評判と認知度を大幅に高めました。この段階で、IWCの複雑な機能の開発に携わった若い時計職人は、後にジュリオパピ、フランクミュラー、リチャードハブリングなど、業界のトップマスターになりました。

Jaeger-LeCoultreに関しては、GünterBlümleinが入社する前はJaeger-LeCoultreは実際に強力なムーブメントデザインを備えた会社でした。家の基本的な動き。しかし、ジャガー・ルクルトのブランドは、全体的な時計のデザインと独自のブランド構築の点でトップブランドとは多少異なります。 GünterBlümleinがJaeger-LeCoultreに来た後、メインブランドはムーブメントの販売を停止するか、非常に成熟したムーブメントデザイン(Jaeger-LeCoultre 920によって導入された)を他のブランドに直接販売しました。ジャガー・ルクルト自体は、製品開発と市場メンテナンスにますます注意を払う必要があり、IWCと同様に、クォーツ時計へのオメガスーパーコピー研究開発投資を断固として停止し、徐々に製品ラインを従来の機械式時計に調整しました。 Jaeger-LeCoultreブランドのハウスキーピングマジック武器、Reversoをさらに拡大しただけでなく、ブランドがより強力な2つの場所とアラームテクノロジーをさらに掘り下げ、GrandRéveil(パーペチュアルカレンダーアラーム、1989年)とGéographique(両方の場所)を開発しました、1990)およびその他の新しいシリーズ。その結果、Jaeger-LeCoultreブランドは苦境から脱出し、徐々にトップブランドに向かっていくことができました。

1990年12月、ギュンターブリュムラインと彼の友人であるウォルターランゲは、新しいランゲの会社を登録するための合弁事業を開始し、ブランドを回復するという厳しいビジネスを開始しました。 LMHグループの3つのブランド、ランゲ、ジャガー・ルクルト、IWCがついに統合されました。以前は、Jaeger-LeCoultreとIWCの協力関係は非常に緊密でしたが、2つのブランドは製品ラインにのみ焦点を当てており、設計チーム全体が協力していました。ランゲが今回LMHに参入した後、ウォルターランゲが保持していた家族情報の詳細な調査と最新の再現は、設計チームの新しいタスクとなりました。最後に、4年間のハードワークの後、ランゲブランドは4つの新しい時計を考案しました。これは、ランゲファミリーの長年の伝統を受け継ぐことができ、また、ランゲの古い後継者であるグラスヒュッテオリジナルの元の会社の時計とはある程度の違いがあります。実際、これはギュンターブリュームラインのビジョンと完全なレイアウトも示しています。

1999年、VDOはボーダフォングループに買収され、電子機器以外のビジネスは新しい所有者によって「非主要ビジネス」と見なされ、販売の準備ができていました。これにより、スウォッチ、リシュモン、ルーワイシュアンの3人の豪華な巨人の間で絶望的な戦いが起こりました。 3人のボスが非常に明確であるため、ランゲ、ジャガー・ルクルト、IWCの3つのハイエンドブランドを一気に奪うことができれば、誰でも真に世界時計産業の頂点に達するでしょう。入札の戦いは2000年まで続きました。最終的に、リシュモングループの所有者であるJoahnn Rupertが31億スイスフラン(約200億元)を支払って競争に勝ちました。これは、LMHグループの3ブランドの年間売上高の7倍に相当します。 GünterBlümleinはその後、Richemont Groupのディレクターを務め、Lange、Jaeger-LeCoultre、およびIWCブランドの監督を続けています。残念ながら、ギュンター・ブリュムラインは2001年に58歳で心臓発作で亡くなりました。

GünterBlümleinはスイスの時計業界で大きな成果を上げており、誠実で勤勉で、多くの人々の尊敬を集めています。ランゲの工場では、彼の親友のウォルターランゲが彼のために銅像を建てました。そして、彼は常にそれを完成させたいと思っていましたが、ランゲの伝統的なコンプリケーションウォッチに敬意を払うのに十分な技術力を持っていませんでした。それは2005年にようやく完成しました。よろしくお願いします、先生。