日系の腕時計の3人の傑の発展の過程

セイコー、シチズン、カシオは今の日本の時計業の三大巨頭で、彼女たちの各自の発展の過程の屈折が独自の特色を持つ文化の風格を出してよく人を表して深く考えるのに値します。同時にこの“日系の3人の傑”の発展の過程はまた近代的な東アジアの歴史の肝心な時間がかなり符合する、中から日の時計業とのと違い軌道に発展して、両国の全体の国運の盛衰まで(に)よく人に書を閉じてをため息をつかせる連想します。

セイコーのブランドは1881年に7年、明治14年(光緒)を創設します。創始者の服部と金と太郎はこの年で東京で服部時計店を開いて、時計に従事して真珠や宝石のが仕入れるのと売って修理するのを始めます。中日はこの時皆ある程度展開の社会変化、機械的な時計業の行為の産業革命中で重要な一環の両国で得た社会は決して同じでないをの重視します。服部と金と太郎は10年の探索を経て、1892年にセイコーを創設して捨てて、自主的に時計を開発するのを始めて、そしてそれぞれ1895年にと1913年に日本の初の懐中時計と腕時計を造り出します。1929年、セイコーの懐中時計が日本鉄道システムの内になって指定する時計算する供給商、日本の全体の工業の体制の建設に対して際立っている貢献をしました。この時の中国の外で戦って何度も敗けて、内戦が続けざまになって、時計などの民族の工業は決してシンクロナイズする発展を得なくて、新中国が創立した後にまでやっと備えて自主的に機械的な腕時計の実力を生産します。

シチズンの歴史は最初1918年(民国大正)に7年、7年溯ることができます。創始する時その時の日系の時計先頭企業のセイコーの捨てる追随者で、最初に“まだ労働者が捨てる”といいます。1924年、初の懐中時計を造り出して、その時の東京市長に“Citizen”と命名させられて、寓意は普通な大衆のの“公民の時計”に対応して、まだ労働者が捨ててすぐシチズンに改名します。1931年にシチズンは初の腕時計を造り出して、次第に発展してきついになってセイコーの日本の国産の時計の企業に従います。日本の軍国主義の画策した侵略戦争の中で、セイコーはシチズンと2社の軍が供給商を表すので、その中の一部分は自然と我が軍になって各友軍と勇敢な抗日戦争の中分捕った戦利品、今なお各地の戦争博物館中で依然として見ることができました。

カシオは第二次世界戦争の後で創立するブランドで、1946年に昭和21年(民国の35年、)を創始します。創始者の樫の尾の忠実で勇ましい名前がもしも英文を持つのがつづり合わせて読むKashioTadaoで、カシオ(CASIO)のブランドはこので正に名声を得るです。第二次世界戦争の後で冷戦の時期のため米ソの2大スーパー国家の争い、日本は敗戦国としてかえって西方の陣営の東アジアにある橋頭堡になって、とてもすばらしい発展の機会を得て、カシオは電卓でやり始めて、1974年11月まで初のカシオTron電子時計を研究開発しだします。

第二次世界戦争の後で、セイコーとシチズンも元からある軌道によって発展していて、基本的にいかなるを受けていないで影響して、機械の表を作成するレベルは次第にスイス、ドイツなどの高級に向って表を作成してブランド近寄って、暦法、時間単位の計算、ダイビングなどの多種の実用的な機能の腕時計はだんだん研究開発して作り出します。1960年、セイコーは初GrandSeiko逸品の機械を開発して表して、欧米市場の広範な認可を得ます。シチズンは1967年に石英の時計Crystronを開発して、“石英の危機”の発動者になります。石英の時計が電子時計とそれで幸運だのが精密で正確だ、製作費安くて、1970―1980年代の世界の腕時計の市場の主流の製品になって、スイス、ドイツなどの伝統の機械の表を作成する企業に巨大な衝撃を持ってきます。日本の自分でのセイコーGrandSeiko高級で機械的な時計さえ1973年にしかたなく生産を停止します。

スイス、ドイツにとって、石英の時計の発展は“石英の危機”と称させられて、日系の3人の傑にとって、石英の時計と電子時計は“石英の革命”で、1970年代から、日系の3人の傑は皆石英の時計、電子時計を重要な発展方向として、だんだん時、衛星に対して時、太陽エネルギー、人の動電気エネルギーなどの全世界のリードする表を作成する技術に対して電磁波を発展しだします。現在のところはセイコーの逸品の機械的な表GrandSeikoとトップクラスの機械的な表Credor(クレドール)の以外、日系の3傑の基本はすべて石英の時計、電子時計を主要な製品にして、上図のセイコーAstron腕時計は時、太陽エネルギーなどの先進技術に対して衛星を結び付けて、基本的に実現して充電する必要はなくて、手動で調整する必要はない精密で正確な時間単位の計算、日系の腕時計のシンボル的な優秀な製品になりました。下図のシチズンの制限するつやがある運動エネルギーの腕時計CC0005―06Eは機能に似ているのを実現することができて、外形もとても明るく美しくて、出した後に市場の大人気を受け取って、現在のスーパーコピー時計ところはとっくに売り尽くしました。

現在のところのセイコーグループはセイコーが株を所有し経営に参画して、セイコーの器具、セイコーのエプソン三大上場企業を核心にしてプラットフォームを運営して、セイコーは表を作成する業務、販売収入の170億の人民元ぐらいに株を所有し経営に参画して伝統のセイコーになります。セイコーの器具は主に精密な電子計器、機械の部品、光学のレンズなどの製品を生産して、セイコーのエプソンはプリンター、コンピュータ、工業のロボットなどのハイテク設備のプロバイダーで、同時にセイコーグループはまた(まだ)いくつかの日本上場企業に資本参加して、コア業務はすでに電子設備の上、機械腕時計ただその中の1小さく一部の(セイコーグループが2001年に東方双の獅子のブランドを買い付けた)を移転しました。シチズンの自身の全体は発売して、業務は主にやはり(それとも)腕時計の業務をめぐって、同時にまた(まだ)140億人民元左右北米の伝統のブランドBulova、全体の販売収入に株を所有し経営に参画しました。カシオも1つの全体の発売する会社で、彼女の製品の更に主要なのは電卓、カメラ、エレクトーンなどの製品で、全体の販売収入は170億の人民元ぐらいで、しかし電子時計の業務の収入は6億元しかなくて、日系の3人の傑の中で最小でで、しかしそのG―Shockなどの製品ラインはティソT―Touchと名声を等しくするよく売れる電子時計です。

全体は言って、日本の時計業は百数年の発展を経てすでに精密な制造業と合併して、多種の家庭用電化製品とオートメーション化の工業の製品を覆う三大持株集団を発展しだします。“日系の3人の傑”の発展史の値する中国の時計の従業者は深く突っ込んで考えて、末の弟はここが示したのを並べたのはただ1つのおおざっぱな骨組みだけで、望んで志があって中国の時計業の発展する友達で共に更に研究して、討論。