梅の花は間もなく復刻版の潜む水道のメーターを出します

梅の花はスイスの有名なブランドで、ブランドの位置付けとティソ、モバードがたいして違わないで、大衆のランクの贅沢品に属して、特に前世紀の80、90年代にあって、チトニは高級のスイスの機械として中国に入って大部分の市場を占領したのを表して、その時の若い人の好感を受けました。今ただ選ぶだけのがもっと多くて、その上梅の花の造型は若くありませんて、流行が思うのはとても強いのがでもなくて、足していて中国に進出するもっと多い腕時計のブランドがあって、だから梅の花はだんだん私達の視野からフェード・アウトしました。今年に梅の花は昔の風格を直しますと、1モデルの潜む水道のメーターを出して、もう1度1979年のクラシックのデザインを刻むのですが、しかしも十分に人を驚喜させます。

このシリーズの腕時計はすべて200メートルの防水の効果を持っていて、一方の回転するステンレスの外側のコース、時計の文字盤の上は蛍光の目盛りを持っていて、腕時計のバンドは2種類がそれぞれ消しゴムの材質とステンレス製があって、この価格ラインの普通の潜む水道のメーターと配置するのがたいして違いません。そのチップは使うのただSW200だけで、この方面でいくらかあり違い、SW200はETA2824に相当して、精密で正確な程度の上で違いの多くない(主要に工場出荷する調子の学校を見る)です。皆さんがこの腕時計を見たのを知らないのは見覚えがある感覚があってか、小さく編んでそれの復古した造型が多少チュードルの雪の刺繍用の針に似ていると感じます。

比較する前に1979年の作品、この腕時計は更に近代的で、造型の上でいくつか変化があって、最初から酒の桶型の造型今の円形になりました。以前はのSeascoperの時計の文字盤での上方、今回は移して時計の文字盤の下に着いて、かつ初めの時の両は経過して今の単暦になって、ポインターの造型の上でとても大きい変化もあって、この中復が変化を刻むのリシャールミルスーパーコピーがたくさんだと言うことができて、多くの新しいものがあります。

聞くところによるとこれはたくさん不一致色を合わせる腕時計がまだあって、赤黒いだけではない1モデル、すべて統一する41ミリメートルで、しばらくまだ市の売る情報がなくて、でもヨーロッパの価格がすでに取り出されたのが990ユーロで、人民元に相当しても1万を越えないで、価格性能比が良くて、その上造型ももとても若くて、潜んで水道のメーターの入門するランク友達を表すことが好きなことに適合します。