盛んな刺し縫いする海Daylightモデル

Daylightはスタローン先生の撮影してことがある映画で、あの時スタローン先生は2モデルの盛んな刺し縫いする海の腕時計を注文して作らせて、その後このブランドを好きになって、彼の映画の中できっと盛んな刺し縫いする海の影が見えて、撮影決死隊の時また(まだ)多いPAM382を注文して作らせて彼の主演達にあげて、最新の決死隊の3の中で彼に盛んな刺し縫いする海のシーンをつけるようにもあります。

かつての原版はやはり(それとも)盛んな刺し縫いする海Pre―Vの時代で、あの時は5218―207/Aと5218―218/Aで、それぞれ101と5つを生産して、それ時期の盛んな刺し縫いする海はすでに制限して発売を始めたようです。その時の2モデル黒色と白色で、PAM00785もこのようにで、一回は2つ出して、かつペアウォッチとして売り出して、その上ナシの木の時計の箱の内に1枚の人力の魚雷の模型がまだあって、私達常に言う“ブタ”です。

この腕時計のすべて採用したのは44ミリメートルのサイズで、かつLuminorの原表の殻を使いを堅持して、とても最初の味があって、これも盛んな刺し縫いする海が長年のブランドの元素を伝承するです。それの内部のチップはP.です5000行く鎖のチップ、かつ8日の動力備蓄物を提供することができて、とても良い近代的な自分で作るチップではそのブルガリコピー時の感覚原状に復しました。

これはスタローンの時計の友達達にとって1つの福音で、500しかないが、価格は漏れがないが、しかし今年のP.を参考にします5000“5兄弟”、同じく特に実際から離れることはでき(ありえ)ないをの予想します。