高くてとても丸く《Cosmo》風潮に登って幸福の4葉の粗雑なシリーズを演繹します

2015年の春、《流行COSMO》雑誌は心をこめて風格の女神はいっしょに高いがのとても丸くて香港に駆けつけるのを画策して、1度の比類がない流行する旅を開きました。今回、亜ブランドに達する代弁者を飛んで高くてとても丸くて《流行Cosmo》雑誌の表紙に上がって、優雅に通行して、振り返って見て、ほほえみ、国民の女神は旅行中の中で人を魅惑するきらめく彩りを展示して、時間の米の幸福で何モデルもが亜を飛んで4葉の粗雑なシリーズの新型の腕時計に達するのを演繹します。瞬時に千変万化している流行する範囲内、亜を飛んで4葉の粗雑なシリーズの腕時計に達して、1筋でほこりのきれいなのを染めないで、1枚の女の心の中を成し遂げて幸せな対岸の地図に到達します。シーンの前に、高くてとても丸くて時々面白おかしくてかわいく、時々おっとりして美しくて、手首の間で亜を飛んで4葉の粗雑なシリーズの新型の腕時計に達するのをつけていて、落ち着いて優雅な姿、口もとの眉じり、すべて幸せで濃い幸福に満ち溢れていて思います。

4葉の粗雑なシリーズの喜びは幸運な時間を享受します

人生の最大の追求、すべての時間に勝るものはないで、すべて幸福につきまとわれます。亜を飛んで4葉の粗雑なシリーズの腕時計に達して、便はこのようなが存在するのです。花言葉を幸せな4葉の草葉のかけらに代表していて、バラの金色の絹糸で真珠の雌の貝の時計の文字盤の上ででスケッチして、いつもつきまといます。このCLAS(2,3)の4葉の粗雑なシリーズの“高い顔値”の腕時計、葉のかけらへりを閉じ込めておよび皆宝石を象眼するのを表して、おおらかで優雅です。天然の貝殻の盤面の上で、大維の度は4葉の粗雑な元素、芸術の耽美を描写します。貝殻、人の指紋に似通って、それぞれはすべて異なるです;日光の下で、彩雲の類の激しい変化の色が現れて、ただ1つの光沢が現れます。どの4葉の粗雑なシリーズの腕時計なのにも関わらず、すべて精密にすばらしい期待を磨いています。亜を飛んで4葉の粗雑なシリーズに達して、時間持ってくるすべてを享受するのがすばらしくて、いつも余裕があって優雅な姿を維持していて、時間最も良い方法に対応します。