ブランパンの巨匠のシリーズはラッセル陀はずみ車の腕時計の2322-3631-55Bを押さえます

2013年のブランパン陀はずみ車の2の大きい機能の結合とと一緒にラッセルを押さえるのを、驚かして目を落とします。2つの互いに独立するぜんまいの箱は動力を釈放してこの非凡なをさせるのを貯蓄しますCal.2322は7日続く動力貯蓄を持つことができます。上弦システムはたいへん革新して、チップへりの一サークルの大きい歯車に頼って(寄りかかって)回転して2つのぜんまいの箱の大きい鋼を動かしてぜんまいの上弦に順番に当たって、2つのぜんまいの箱は遠くから相呼応して対称に決して関連でないをのレイアウトして、それぞれ2つにモジュールを捕らえてたとえ動力を出力するのでも、2つの雁木車の結ぶ総ため重い“大して違いがない”、全体のチップはとても調和がとれています。

複雑な機能は表を作成する芸術の精妙な解釈に対して。ブランパンの表を作成する労働者の坊は集まって複雑な機能の多い高級の表を作成する技術を製造して、3独占して時間を知らせるのを、中華のカレンダー、万年暦のなど複雑な機能聞きます。複雑な機能をよく合うのも組み合わせるブランパンの思いどおりになる技能です。3は聞いて、時、刻み、分化を時間の音符に行って、手首の間で時間の楽章を演奏します。中華のカレンダー、、掌握するのがいる時刻んで、分けて、秒のが精確で、月相、時、干支、五行の気迫を御するのがもあります。万年暦、週、期日、月、閏年一手に掌握するのを指示して、2100年前にいかなるを必要としないで学校を加減します。